オンライントレードのご案内

内容 インターネットを利用した商品先物の特定電子取引
当初預託
証拠金額
500,000円以上
受付時間 AM4:00〜AM5:00除く23時間稼動
17:50〜19:00注文受付不可
ご利用環境 Windows 2000/XP 以上
  • Internet Explorer6.0以降(最新版7.0にも対応)Netscape Navigator 7.1以上
  • S/MIME対応の電子メールソフト
    (Microsoft OutlookR、Outlook ExpressR、Mozilla Firefox2.0、Thunderbird、Shuriken Pro等)
  • ADSL、FTTH等のブロードバンド回線
    携帯取引は3キャリア対応
※ウイルス対策ソフト等の導入をお勧めします。

※注文時間について
弊社オンライントレードシステムは注文銘柄の約定値段が決定するまで注文が可能です。但し、システムの締切のタイミングによっては、間に合わない場合もございます。
実際にご注文の際はある程度時間に余裕を持ってご注文されることをお勧めします。

※立会い時間について
相場変動や取引所の規程等により立会時間にずれが生じる場合があります。
又、年始の大発会、年末の大納会は午前のみの立会いとなります。

取引時間一覧

場節 立会予定時間 取引可能な商品名
前場1節 9:00〜 東京トウモロコシ・東京Non-GMO大豆・東京小豆・関西小豆・関西粗糖・生糸
前場2節 10:00〜 東京トウモロコシ・東京一般大豆・東京Non-GMO大豆・関西小豆・関西粗糖
前場3節 11:00〜 東京トウモロコシ・東京一般大豆・東京Non-GMO大豆・東京小豆・関西小豆
ザラバ前場引 9:00〜11:00 金・銀・白金・パラジウム・アルミニウム・ガソリン・灯油・原油・ゴム・粗糖・アラビカ・ロブスタ
場節 立会予定時間 取引可能な商品名
後場1節 13:00〜 東京トウモロコシ・東京一般大豆・東京Non-GMO大豆・東京小豆・関西小豆・関西粗糖・生糸
後場2節 14:00〜 東京トウモロコシ・東京一般大豆・東京Non-GMO大豆・関西小豆・関西粗糖
後場3節 15:00〜 東京トウモロコシ・東京Non-GMO大豆・東京小豆・関西小豆
ザラバ後場引 12:30〜17:30 金・銀・白金・パラジウム・アルミニウム・ガソリン・灯油・原油・ゴム
13:00〜15:00 粗糖・アラビカ・ロブスタ

取引ルール

取引単位と呼び値

市場での取引の単位は、1枚、2枚といった「枚」が用いられます。したがって、お客様が商品取引員(弊社)に取引を注文する際の単位も「枚」ということになります。1枚あたりの商品の数量はそれぞれの商品ごとに異なっています。
ただし、商品取引所の立会いで決められる価格は1枚あたりの価格ではなく、それよりももっと小さい単位の数量に対する価格です。立会いで決められる価格の単位は「呼値」と呼ばれ、これにつけられる値段を「約定値段」といいます。

例えば、「金」の場合、取引単位(1枚)は1,000g(1kg)、商品取引所の立会での単位(呼値)は1gです。1,000倍も差があります。
そこで、立会で金を1,250円という約定値段で買ったとなると、金1枚では、
1,250円/1g×1,000倍=1,250,000円
となり、2枚では250万円、10枚では1,250円万分の取引をしたことになります。

また、商品取引所の立会で約定値段が1,250円から1,340円に90円変動するだけで、
90円/1g×1,000倍×1枚=90,000円
変動したことになります。10枚なら90万円です。また100円変動したとすれば1枚で10万円、10枚で100万円の価格差が生じることになります。

取引の限月

先物取引では、株式の売買等とは違って、取引の対象となっている商品を実際に売り買いの契約に基づいて受渡しをする期日が、例えば6ヶ月後という具合に決められています。

<商品先物取引のレバレッジ性について>

商品先物取引は、最初に預託する取引本証拠金の額に比べて、取引本証拠金額の10倍〜40倍程度の額になるハイリスク・ハイリターンの取引です。
また取引証拠金は、その後の相場変動等により、最初に預託した取引証拠金の他に、追加の預託が必要となることがあります。

<商品先物取引のリスク性について>

商品先物取引は、相場の変動によって利益も損失も生ずるおそれのある取引です。特に、その損失は、相場変動によって、お客様が預託している取引証拠金の額以上になる恐れがあります。